作業療法とは

作業療法士とは?

「作業」を健康、元気づくり、生きがいづくりの手段として活用する専門家です。

作業が人を健康にする

「作業」と聞くと手工芸や趣味的な活動を思い浮かべる方が多いと思います。もちろんそのような活動も作業療法士は活用します。しかし、我々が考える「作業」とは、もっと幅広い意味を持ちます。作業療法士は、人が生きる上で行なう事を全て「作業」として捉えます。

心や体に病気・障がいを持った方々の生き方・価値観・思いを大事にしながら、再び一人ひとりがその人らしく生活できるように、支援するリハビリテーションの専門職です。

ひとりひとりの顔が違うように、人の「生活」「考え方」は様々です。作業療法士は、その人にとっての「意味ある作業」を一緒に探し、実践し、そこから「健康」「やる気」「楽しみ」「生きがい」などを引き出します。

個人のライフスタイルに合わせて、生活動作を用いた練習や、手工芸や遊びを用いた練習を手段として行います。また、家屋改造のアドバイスや福祉用具の選択、自助具の作製を行うなどその仕事は多岐にわたります。

「人の営みは作業・生活行為の連続で成り立っている」日常の身の回りの作業・家事などの生活を維持するための作業・仕事などの生活作業・趣味などの余暇的作業・地域活動などの作業

どのような方がOT(作業療法)を利用しますか?

子供からお年寄りまで、障がいを持つ(または、それが予測される)全ての人に関わります。

身体に障がいがある人

  • 脳卒中
  • 骨折等の外傷
  • リウマチ
  • 脊髄損傷
  • その他の障がい

発達期に障がいがある人

  • 脳性麻痺
  • 知的障がい
  • 自閉症
  • 学習障がい
  • その他の障がい

こころに障がいがある人

  • 統合失調症
  • (躁)うつ病
  • 高次脳機能障がい
  • 認知症
  • その他の障がい

高齢期で障がいがある人

  • 認知症
  • 脳卒中
  • 骨折、変形性関節症
  • 長期安静による機能低下
  • その他の障害

OT(作業療法)では何をしますか?

3つの機能を維持・改善します。

1基本能力

身体機能、精神機能

2応用能力

食事やトイレなど、生活で行われる活動

3社会生活適応能力

地域活動への参加、就労や復職・就学の準備

また、環境(人的環境・物理的環境)を調整し、社会資源や諸制度の活用を促します。

ページの上に戻る