災害支援活動

忘れないために~東日本大震災から3年を経て~

岩手県士会

 岩手県釜石市沿岸部・一面を埋め尽くす瓦礫岩手県釜石市沿岸部建物に乗る大型船

岩手県釜石市沿岸部

2011年3月11日~2011年7月
会員の安否確認・災害対策本部立ち上げ・被災状況確認・避難所支援
3月15日~
電話などにて会員安否確認開始
3月19日~
県士会災害対策本部立ち上げ
4月1日
県PT士会、ST士会と会議(活動方針等の確認)
4月2日
釜石市災害対策本部訪問(7月まで)、一般および福祉避難所支援
5月1日~7月末
釜石市、大槌町内一般避難所・福祉避難所での避難所支援(士会・協会協働)
一時避難所

一時避難所:Emmergency Shelter
災害によって短期間の避難生活を余儀なくされた場合に、一定期間の避難生活を行う施設の事で、地域の学校の体育館が指定されている場合が多い。

他職種と情報交換避難所支援活動
2011年8月~
応急仮設住宅への支援(バリアフリー化への支援・生活不活発に対する支援)
<2011年>
8月中旬
仮設住宅入居者に対する支援プランを釜石市・大槌町・両社協へ送付
8月~
県PT士会、ST士会、いわてリハビリテーションセンターとの定期的情報交換会開始(年2回)
10月上旬~
山田町仮設住宅支援開始
11月上旬~
釜石市仮設住宅支援開始、岩手県委託事業お散歩マップ・お散歩手帳作成
仮設住宅集会所にて活動実施のぼり支援活動かご作り
<2012年>
4月
お散歩マップ配布とお散歩会(山田町・釜石市)の実施
8月
山田町仮設住宅自治会主催の「さんま・芋の子祭り」への支援
10月~
地区在住者を講師とした活動(陶芸・布草履作成)の企画と実施
仮設住宅集会所にて活動実施のぼり自治会・士会協働活動 さんま・芋の子祭り
2013年3月~
応急仮設住宅への支援・地域住民啓発
<2013年>
3月
岩手リハ関連団体およびいわてリハセンターによる支援活動報告書(東日本大震災のリハビリテーション支援活動報告書)の作成
8月
釜石市仮設住宅自治会主催「盆踊りまつり」への支援
8月~10月
大槌町住環境改善事業(県PT士会との共同受託)パンフレット作成
<2014年>
1月~2月
大槌町住環境改善事業(県PT士会との共同受託)講習会開催
 盆踊り支援のメンバー盆踊り支援の様子

自治会主催活動支援:盆踊り支援

岩手県士会宮城県士会福島県士会協会

ページの上に戻る